すべては子供たちのために ・・・ そんなリトルリーグの精神にどこか惹かれてます。うちの小学生は横浜で硬式の少年野球チーム、横浜中央リトルリーグに。週末を楽しみにしている、リトルリーグ大好きなママとパパの日記です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  子供と夢中なれる、ささやかな週末の幸せ・・・

子供といっしょに成長できる 小学生からの硬式野球 リトルリーグ (^^)/


野球のユニフォームの着方、そんなことをみなさんにお伝えしたくて2年目に突入してしまいました
2010年03月01日 (月) | 編集 |
野球のユニフォームの着方、そんなことをお伝えしたくて、ブログをはじめたんです。
(^^)



そして、1年・・・




伝えたいことも、伝えられないこともまだまた沢山あります。
(^^;)



図解!かっこいい野球のユニフォームの着方(パンツ編)





子供たちが昨日よりちょっとだけ勇気が持てるように、




子供たちが明日にむかって、大きな夢が持てるように、




リトルリーグの野球をもっともっと知ってもらえるように、




できること
(^^;)



子供といっしょにまだまだ成長していきたい



と思っています。
(^^)/



  子供と夢中なれる、ささやかな週末の幸せ・・・

子供といっしょに成長できる 小学生からの硬式野球 リトルリーグ (^^)/


スポンサーサイト
テーマ:小学生からの硬式野球
ジャンル:スポーツ
少年野球の応援は楽しい、いつでもどこでもママの笑顔で、子供は元気と勇気を忘れないのかもしれません
2010年03月02日 (火) | 編集 |
リトルリーグの春の神奈川連盟大会の抽選も終わり、球春の到来も間近に迫ってきました。どのリーグの子供たちも、金のメダルを目指して頑張っているんでしょうね。
(〃▽〃)




その子供たちの試合での頑張りを見ていると、ママやパパたちの応援にも俄然、熱が入ってしまうものですよね。
(*^_^*)




少年野球の応援には、プロ野球のような笛や太鼓はありません。もちろん高校野球のようなブラバンもありません。拍手と歓声だけの応援は、とってもシンプルな応援です。
o(^o^)o




試合の応援にいかれた方はご存知かと思いますが、ベンチの子供たちの声に合わせて、すぐ側にいる大人も一緒になっての応援ってよく見かけますよね。子供の試合の応援って、大人の大事な楽しみの一つなんですよね。
(~▽~@)♪♪♪




勝っている時、上手くいっている時、応援の雰囲気はとってもいいんです。ところが、いい時ばかりじゃないのが野球の試合なんです。
(´ω`)




特に子供たちは、試合中にひとたびエラーなんかしてしまうと、一気にブルーの海に飛び込んでしまい、なかなか上がってくることができなくなってしまいます。
(>_<。)




気持ちを切り替えてなんて、大人たちは実に簡単に言ったりしちゃいます。けど、子供たちはそんな器用な心なんて持っていないものなんですよね。
(*~▽~)




そんな時に、沈みかけた子供たちにママはどんな言葉をかけてあげればいいんでしょうか。そんな時に元気になれるって、そんな時に勇気がわいてくるって、どんな応援なんでしょうか。それができないから、悩んでしまうんです。子供って難しいですよね。
(^^;)





もしかすると・・・





言葉じゃなく、歌でもなく、拍手でもなく、ママやパパたちみんなが、どんな時でも笑顔でいることができれば、それだけで子供たちは安心するのかもしれません。ブルーにならないのかもしれません。しかめっ面で「ドンマイ、ドンマイ」じゃなくって、ニコニコしながら手を振ってなのかもしれません。
φ(^^)





ニコニコしながら、ワクワクしながら、ドキドキしながら、ママたちも子供の応援のために試合に参加するんですよね。どんな言葉よりも、拍手よりも、放送席にいても、駐車場にいても、応援席にいても、いつでもママが微笑んでいる姿を見ることができれば、どんな状況になっても、子供は元気と勇気を忘れないのかもしれません。
(^^)/




笑顔、笑顔!
(^^)



  子供と夢中なれる、ささやかな週末の幸せ・・・

子供といっしょに成長できる 小学生からの硬式野球 リトルリーグ (^^)/


テーマ:小学生からの硬式野球
ジャンル:スポーツ
わたしにとって今が修行時、頑張っている時も頑張れなくなった時も、待っているのは笑顔なんですよね
2010年03月03日 (水) | 編集 |
リトルリーグの野球の試合では、ママとパパのニコッとした笑顔の応援が子供たちにとって一番の力になります。そして、その笑顔のためも、
日頃からの訓練
が大切なのかもしれません。
(^-^)v




朝、はみがきをしながら、洗面所の鏡に映る自分の顔を見て、ニコニコ笑顔を作ってみる。
(*^_^*)



昼、出かける前に玄関先の鏡に映る自分の顔を見て、ニコッと笑顔を作ってみる。
(o^_^o)



夜、リラックスしたお風呂につかりながら、浴室の中の鏡に映る自分の顔を見て、ニッコリと笑顔を作ってみる。
(@^_^@)




簡単なようで、これができないものなんですよね。なんだか恥ずかしい。どこか子供っぽい。今更、ばかばかしい。そんな気分になれない。でも、できなければ練習するしかありません。笑顔も練習からなんでしょうね。
( ̄□ ̄;)!!




チャレンジしたことは何度もあります。無理やり作った笑顔でも、やってみれば気持ちも落ち着くし、とってもリラックスできることは確かなんです。でも、長続きしない。それでも、やればできる。まだまだ修行がたりません。
o-_-)=○☆




あなたにとって今が修行時です
 笑顔でのりこえましょう
と、斎藤一人さんはおっしゃいます。イヤなこと、苦手なこと(修行)を『笑顔で乗り越えた人』には、神様はごほうびをくれる、そんなことをおっしゃっています。いつも斎藤一人さんの言葉には、勉強させられることばかりなんです。
(〃▽〃)




試合で負けている時、失敗した時、暗い顔をして、どんなに声援を送っても、子供の心には届かないのかもしれません。笑顔でいることができればみんな幸せなのに、それができない。簡単なことなのに、一番難しいことになっている。
(*´д`*)



頑張っている時も、頑張れなくなった時でも、
  子供はいつも笑顔を待っている。
ヾ(^▽^)ノ



またチャレンジ、修行の日々です。
(*^-^)ノ



  子供と夢中なれる、ささやかな週末の幸せ・・・

子供といっしょに成長できる 小学生からの硬式野球 リトルリーグ (^^)/


テーマ:小学生からの硬式野球
ジャンル:スポーツ
贈る拍手、迎える笑顔、すてきな仲間と手ごわい相手に感謝の気持ちを忘れないことが応援のマナーですよね
2010年03月04日 (木) | 編集 |
リトルリーグや少年野球の応援では、たとえ相手チームの選手であっても、すばらしいファインプレーには大きな拍手を贈るようにしたい、そんな思いで子供たちの試合を見ている方は少なくないはずです。
(〃▽〃)



練習試合だったでしょうか、センター前に落ちそうなヒット性の小フライを、いつの間にか走ってきたセカンドの選手が、小さな手を目一杯伸ばして、ボールをグローブにしっかりキャッチしちゃうんです。大きな得点のチャンスだったのに。
(>_<。)



ざんねん、惜しかったね~!?


自分のチームのバッターの選手には、そんな声をかけてあげます。
(>_<)



だけどスゴ~ぃ、うまいなぁ~


相手のチームのセカンドの選手には、そんな事を心の中で叫んだりするだけでした。
Σ(゜▽゜)



そんな時、チェンジになってベンチに帰るセカンドの選手に向かって
♪ナイスプレ~
と言って、笑顔で拍手を贈っている、そんなお父さんがいたんです。
Σ( ̄□ ̄)!




相手の選手にも大きな拍手を贈る。できそうで、できない応援です。野球が好きな、子供が好きなお父さんだからできるのかもしれません。
( ̄〇 ̄)!




野球はひとりではできないスポーツです。




子供が野球を楽しむことができるのは、チームがあって、すてきな仲間がいるからなんです。
(^-^)v




野球が子供を成長させてくれるのは、試合ができて、手ごわい相手がいるからなんです。
(^_^)v




その、

すてきな仲間と手ごわい相手がいるから

こそ、自分の子供も楽しく野球ができているんですよね。
(^_^;)





まだまだ修行がたりません。





新しいシーズンでは、もっと相手チームに敬意を表し、もっと相手チームの選手のみなさんに感謝して、リーグの子供たちを応援をしていきたいと思います。感謝の気持ちは、巡りめぐって、子供が野球を好きになる、そんなことになるんでしょうね。
ヾ(^▽^)ノ





それがリトルリーグの
それが少年野球の、
大人の応援のマナーですよね。
(^^)ノシ



  子供と夢中なれる、ささやかな週末の幸せ・・・

子供といっしょに成長できる 小学生からの硬式野球 リトルリーグ (^^)/


テーマ:小学生からの硬式野球
ジャンル:スポーツ
元気の素、感謝の心、相手のチームに野次を飛ばすような応援では笑顔になんかなれないですよね
2010年03月05日 (金) | 編集 |
プロ野球の応援でよく見かける光景なんですが、外野フライを打ち上げてしまった時に、相手チームにも聞こえるような声で
落とせ~
なんて野次、気持ちはわかるんですが、なんだかカッコ悪いですよね。
(〃▽〃)




自分のチームが勝ちたいばかりに、相手のチームに野次を飛ばしていては、野球の面白さを子供たちに伝えることができなくなってしまいます。
~('-'*)




相手チームへの野次は、子供の野球ではマナー違反です。
Σ( ̄□ ̄)!




どんなに上手いバッターでも、三振することがあります。エラーすることだってあります。野球では予測のできないことばかり起きるんで、相手のミスを期待したくなる気持ちもわかります。
(>_<)




でも、相手の失敗を望んでいるような失礼な応援では、笑顔なんてなくなっちゃうと思うんです。
(*^-^)ノ




冬季オリンピックのニュース番組では、本番前の練習中に、相手選手がジャンプの着地に失敗して転んでしまうシーンを何回か映像に流していました。日本の選手が金メダルをとるためには、相手選手が失敗しなければならないのかと、残念な思いでした。心の中から笑顔は消えました。
(T-T)




子供の野球の試合で、ショートゴロを相手の選手がもしエラーをしたら、大声で
ナイスバッティング!
なんでしょうか。ベンチ総立ちの大歓声の拍手のシーンなんでしょうか。考えてみれば疑問です。これも残念なことかもしれません。
('∇')




試合の応援は、子供の一生懸命なプレー、勇気あるプレーから、大人が元気をもらっているから楽しいんです。精一杯の拍手を贈るのは、そのことに
ありがとう
って感謝しているからなんです。
(^o^)/




大きな拍手は、心からの感謝の時に、心からの笑顔の時に、これからは大切にしていこうと思います。
(^_^;)



まだまだ修行です。



  子供と夢中なれる、ささやかな週末の幸せ・・・

子供といっしょに成長できる 小学生からの硬式野球 リトルリーグ (^^)/


テーマ:小学生からの硬式野球
ジャンル:スポーツ
野球の硬式ボールの重さって知ってますか、小学生向けのボールの重さって競技によってまちまちなんです
2010年03月06日 (土) | 編集 |
小学生の子供たちが学校やスポーツクラブなんかで使う様々なボール、その重さを競技別にちょっと調べてみました。雨が降っているんでひまなんです。
(^^;)



それぞれの競技の公式ルールブックの最新版を入手して調べているわけではありませんので、記述の正確さを保障するものでは決してありません。およその目安と考えてくださいね。でも、ボールを重さを調べてみると面白いことがいろいろわかってくるんです。ちなみに、私の携帯電話は、実測で116gでした。
(^^;)



■小学向けの野球のボール


野球硬式        141.7~148.8g
野球C号(軟式)    126.2~129.8g


この2つを比べると、どうしても硬式ボールは重いってイメージになっちゃいますよね。15g~20gも違うんだ~、普通のママやパパならそう感じますよね。でも、この2つを比べることに意味はまったくないんです。15g~20gも軽くなっているって考えるから、おかし話になっちゃうんです。
(^^;)



■小学向けのボール


野球C号        126.2~129.8g
野球硬式        141.7~148.8g
ソフトボール2号    158~168g
バレーボール軽量4号  200~220g
ハンドボール1号    255~280g
ドッジボール3号    370~390g
サッカーボール4号   350~390g
バスケットボール5号  470~500g


あれっ、気がつきましたか。
ソフトボール2号の方が、硬式ボールよりも重いんですよ。知っていましたか。ドッジボールやハンドボールもそこそこ重いんです。投げるボールの重さは競技によって全然違うんです。肩や肘への負担が心配だからと、ドッジボールはできないと考える方はいるんでしょうか。
(^^)




■テニスボール


硬式   56.7-58.5g
ゴム   30.0-31.0g


一番軽い感じのテニスボール。やっぱり30gは軽いですよね。でも、硬式のボールが倍の重さなんてちょっとびっくりです。30gって、タバコ一箱分位なんでしょうか。



■軟式ボール


A号   134.2-137.8g(一般)
B号   133.2-136.8g(中学生向け)
C号   126.2-129.8g(小学生向け)


学童の野球では、C号を使っていると思います。当然、大きさも違うんですが、重さの違いが本当に微妙です。軟式のC号が129.8g、A号が137.8g、その差が8gなんです。A号(一般)の137.8gとB号(中学生)の136.8gなんて、たった1gしか違わないんです。しかも、重さの範囲がダブっているんですね。製造メーカーさんも大変です。A号で統一すればボールはもっと安くなると思うんですが。不思議ですよね。



■硬式ボール


☆    141.7-148.8g


国によって違うというよりも、製造メーカーによって、重さが微妙に変わってきます。材質が革なんで、湿度によっても変わってくるんです。誤差も7gの範囲です。



■ソフトボール


3号(皮) 187.82±10.63g
3号   190±5g(一般)
2号   163±5g(小学)
1号   141±5g(教育)


小学生は2号を使っていると思います。それでも163gもあるんですね。中学生になると190gにもなります。小学生向けに約30グラムほど軽くして、

これは2号は小学生向きです

って話なんでしょうけど、硬式ボールよりも重いんですよ。どこがどうして、小学生向きなんでしょね。



■バレーボール


5号   260~280g(一般)
4号   240~260g(中学)
軽量4号 200~220g(小学)


ソフトボールの3号からは、20gほど重いのがバレーボールの軽量4号です。大きさの違いが大きいんですが、ここから200gを超えていきます。バレーボールは投げることがないので、野球との比較にはならないと思いますが、誤差の範囲も20gあって、小さなボールに比べればアバウトなんですね。



■ハンドボール


3号   425~475g(一般男子)
2号   325~375g(一般女子、中学)
1号   255~280g(小学)


意外と重いなと思ったのがハンドボールです。一般男子にもなると450gにもなるんですね。小学生でも280g。野球と同じように片手で投げることが多いスポーツですが、野球の硬式ボールの倍近い重さのハンドボールの1号サイズですが、それを小学生が試合では何度もシュートするんですね。一試合にシュートできる回数に制限なんてあるんでしょうか。



■ドッジボール


3号   370~390g(小学高学年)
2号   300~320g(教材)
1号   230~250g(小学低学年)
0号   200~220g(幼児)



小学生に一番なじみあるボールですよね。学校に用意されているものは、たぶん1号、2号のボールなんでしょうね。3号のボールは小学生の大会などで使われているようです。ドッジボールの投げ方は、ハンドボールやソフトボールと似ています。それなにも、サイズが一つあがると50gも増えてしまうんです。学年があがるごとに、ガクンと重いボールなっていくんです。250gから390gの重さの違いは、野球の硬式ボール一個分にもなるんです。それだけの重さの違いに子供たちは柔軟に対応できるんでしょうか。不思議な考え方です。いったい、誰が決めるんでしょうね。



■サッカーボール


5号   410~450g(一般)
4号   350~390g(小学)
3号   300~320g(教材)



足で蹴るので野球とは比較できません。小学生は350g~390g、一般が410g~450g、あまり変わらないんですね。世界中で愛されているサッカーだと思いますが、そのすべての国で小学生向けの規格のボールを作って子供が使っているんでしょうか。3号と4号の重さの微妙な違いが気になります。世界を夢見ている子供たちは、やはり一般向けのワールドカップで使用するようなボールを、小さいころから使っているんじゃないでしょうか。サッカーはまるでわかりませんが、そんな気がします。



■バスケットボール


7号   567~650g(一般男子)
6号   510~567g(一般女子、中学)
5号   470~500g(小学)


バスケットは横綱級です。アメリカンフットボール、ラグビーなどの一般のものでも、500gを超えるものはありませんが、バスケットボールは小学生向けの5号でも500gもあるんです。足で蹴るサッカーでも、500gは無いんです。重いボールをどうやって自在にあやつるかが、バスケットボールの面白さなんでしょうね。




ひまな仕事も終わりに近づいてきました。




学童軟式野球も、ハンドボールも、ソフトボールも小学生向けのボールの重さは軽くできています。子供の身体のことを考えてのことなんでしょうね。でも、それは各競技の一般向けの規定より若干軽くしているだけです。一般の重さが 300~400なら、子供は 200~300といった感じです。成長の各段階に合わせて、詳細に細かく規定されているわけではありません。
(^^)/





身長が140センチなら、体重が35キロになったら、なんて細かい規定はありません。ざっくりって感じでしにか見えません。科学的な根拠があるのかもわかりません。
(^^;)





リトルリーグは硬式ボールを使っています。それが世界の基準だからです。
(^^)/



  子供と夢中なれる、ささやかな週末の幸せ・・・

子供といっしょに成長できる 小学生からの硬式野球 リトルリーグ (^^)/


テーマ:小学生からの硬式野球
ジャンル:スポーツ
小学校のソフトボール投げで使うボールの重さは、リトルリーグで使っている硬式ボールと変わらないんですよ
2010年03月07日 (日) | 編集 |
小学校の授業で行なわれるソフトボール投げ、その授業で使っているボールは『ソフトボール1号』といって、ソフトボールの種類では一番小さく、軽くできています。
(^^)





ソフトボールの1号ボールの重さは、141g(+-5g)と決まっています。
φ(^^)





プロ野球で使用する硬式ボールは、141.7g~148.8gと決まっています。
φ(^^)





気づきました?






驚きませんか?






重さがほぼ同じなんですよ。
( ̄□ ̄;)!






全然、知りませんでした。もっと、ソフトボールは軽いと思っていたんです。
(^^;)





小学校の授業では、野球の経験のあまりない子供や、ボールを投げたことすらない子供が、ソフトボール投げにチャレンジするんです。その子供たちが使用するソフトボール1号の重さが約141g、硬式ボールと変わらない重さなんです。なんだか不思議な気がします。
(^^;)






ボールが重いということでどこか嫌われている硬式野球のリトルリーグですが、ソフトボール投げのボールと同じくらいの重さしかないんです。ちょっと安心したような、ほっとしたような気持ちです。硬式ボールが子供にとって重すぎるってことはないんですね。
(^^)






硬式ボールの重さは、ソフトボール1号と(ほぼ)同じなんです。







リトルリーグ普及のためにも、
みなさんにぜひ知っていただきたい事実の一つです。
(^^)/



  子供と夢中なれる、ささやかな週末の幸せ・・・

子供といっしょに成長できる 小学生からの硬式野球 リトルリーグ (^^)/


テーマ:小学生からの硬式野球
ジャンル:スポーツ
失敗は成功のもと、ボテボテはホームランのマザー、できるようになれると信じているから子供はスゴイ
2010年03月09日 (火) | 編集 |
リトルリーグの野球を見ていると、実にいろんな事を子供から教わります。
(〃▽〃)




ピッチャーの投げるボールが思ったより速くって、まったくボールが当たらなくっても、どれだけ三振しても、
ちょっと手加減してよ
なんて弱音も吐かず、何度もチャレンジしていく子供がいます。
( ̄□ ̄;)!!




結果がボテボテだって楽しいって、全く当たらなくても面白いって、何度もバッターボックスに入って、ピッチャーの投げるボールに向かっていく子供がいます。
(^-^)v




失敗は成功のもと、そんなことを教わらなくたって、その子はもう知っているんです。
φ(^^)




グランドでバッティング練習をしている子供を何気なく見ているだけなんですけど、子供の力って本当にすごいんだなぁって、驚くことばかりです。
(^_^)




その子だけじゃなく、野球好きな子供たちって、できないから楽しい、できるようになれると信じているから楽しい、そんな気持ちで頑張っているんだと思うと、なんだか幸せな気分になってきます。
(≧∀≦)




できると信じている・・・



子供ってうらやましいですね。
(^_^;)?




結果ばかり考えているのは、不安ばかり先になってしまうのは、大人のほうなんですよね。特に最近、そんな毎日が続いています。だんだん、子供から教わることが増えてきました。
(>_<。)




これからも、大人になって忘れてしまった気持ちを少しでも思い出せるように、子供の野球を応援していきたいと思います。後悔ばかりの毎日を過ごしているワタシですから。
♪~( ̄ε ̄)



ボテボテはホームランのマザー

まずは笑顔、笑顔・・・
⊂(・∀・)⊃



  子供と夢中なれる、ささやかな週末の幸せ・・・

子供といっしょに成長できる 小学生からの硬式野球 リトルリーグ (^^)/


テーマ:小学生からの硬式野球
ジャンル:スポーツ
振り逃げ、野球のちょっと難しいルールなんですが、リトルリーグではワケあってできないことになっています
2010年03月12日 (金) | 編集 |
リトルリーグの野球ではいわゆる、振り逃げ三振はありません。だからなのかもしれません。親もコーチさんも、子供の野球にとって何が大切なのかを、考える機会に恵まれているような気がします。そんなルールから自然と学んでいるように思ったりしています。
(〃▽〃)




野球のルールでは、第三ストライクのボールを、インフライトの状態で、キャッチャーがミット(または手?)で正しく捕球しなければ、三振でもアウトにはなりません。記録はあくまでも三振なんですよ。
Σ( ̄□ ̄)!




三振でも即アウト●になるのか、そうでないか○をチェックしてみると、こんなにも複雑なんですよ・・・
(>_<。)




○バッターが空振りしても、キャッチャーが捕球する前にボールが地面に着いていたら、三振アウトではありません。
Φ('∇')




○バッターが見送ったボールを、キャッチャーがポロッと地面に落としちゃったら、三振アウトにはなりません。
Φ(^_^;)




●三振アウトは、第三ストライクのボールをキャッチャーがノーバウンドで捕球しなければならないんです。
ヽ(*`Д´)ノ




●ただし、ダブルプレーを防止するためにノーアウト、またはワンアウトでランナーが一塁にいる場合は、キャッチャーが捕球できなくても三振アウトになります。
m(_ _)m




○バットに当たっていないストライクのボールが、キャッチャーの身体に直接当たって跳ね返ったボールを捕球しても、三振アウトになりません。
(@_*)




●バットに当たっていないストライクのボールが、最初にミットに当たって、その後で身体に跳ね返って、地面に落ちる前に、そのボールをミットで捕球すれば三振アウトです。
(*_@)




●バッターが空振りしたボールが、バッターの身体に当たればボールデッドの状態になって、バッターは三振アウトです。
(*_*)



・・・いろいろあって、わけがわなんなくなっちゃいますよね。
(^^;)




そして、第三ストライクと宣告されても三振アウトではない場合、バッターはランナーになることができます。一塁に向かって走っていくことができるんです。
Φ('-^*)




一塁に逃げることができる。三振でアウトだと思ったらアウトじゃない。野球のルールはとっても複雑にできているんです。やられたと思ったら、生きかえるチャンスが生まれるんです。バッターにとっては、ラッキーなルールですよね。打ってもいないのに、内野ゴロを打ったことと同じ扱いなんです。
( ̄□ ̄;)!!




このルールは、振り逃げと言われていますが、バットを振ったかどうかは関係ありません。第三ストライクは、ノーバウンドでキャッチャーが捕球しなければならないんです。
Φ(x_x;)




実はこの振り逃げ、子供の野球では、一塁に逃げることに成功する可能性が高いんです。バットを振ってもいないのに、ピッチャーは三振を取ったはずなのに、結果的にはヒットになっちゃうんですよ。
(>_<。)




でも、




リトルリーグでは、第三ストライクをキャッチャーが正しく捕球できなくてもバッターは三振アウトになります。
Φ(^-^)




だから、振り逃げはできません。




いつからそうなったのかはわかりませんが、きっと、子供の野球にとって何が大切なのか、大人が考えた結果だと思うんです。
(^○^)




ピッチャーを頑張っている子供の将来を考えたら、小学生の野球には振り逃げは必要ない、昔の方々はそう考えていたんでしょうね。
(。・_・。)ノ




だから、振り逃げはできません。




勝手な想像ですが、リトルリーグでは、子供の野球にとって大切なことを
ピッチャーの育成
と考えたから、振り逃げができないルールになっていると思うんです。キャッチャーの捕球する技術よりもピッチャーの心を考えて、勝負の厳しさよりも応援する親の心を考えて、野球本来の投げて、打って、走っての野球を楽しむために、子供のために、リトルリーグではそんなルールになっていると思うんです。
(^-^)v




ピッチャーは、バッターに
ストライクを投げる勇気
を持てと言われています。
(^^)




リトルリーグの関係者の方はこんなことをおっしゃいます。

その勇気を三回もできたんだから、ちゃんとピッチャーの子供に拍手を送ってあげましょうよ。




そうです、振り逃げは、誰にも拍手を贈ることができないルールですよね。
(^^;)




それでも、ルールはルール、振り逃げがない野球なんて野球じゃないんでしょうか。
(^^;)




もうすぐ、子供たちの春の大会が始まります。




その試合でピッチャーが、勇気を持ってストライクを3回投げることができたら、勇気をもって三振を取ることができれば、心から大きな拍手を贈ってあげたいと思います。心から・・・
(^^)/




  子供と夢中なれる、ささやかな週末の幸せ・・・

子供といっしょに成長できる 小学生からの硬式野球 リトルリーグ (^^)/


テーマ:小学生からの硬式野球
ジャンル:スポーツ
リードができない野球、だからピッチャーを経験できる、キャッチャーを経験できる、野球を楽しむことができる
2010年03月13日 (土) | 編集 |
リトルリーグでは、ランナーとなった選手がリードすることができません。このルール(離塁制限)も、リトルリーグ独特のルールなんです。
( ̄∇ ̄;)



リードとは、ランナーが今いる塁(ベース)から進塁を伺って、ちょっと離れている状態のことです。
φ(⌒_⌒;)



野球のルールでは、ランナーはいつでも次の塁に向かって進塁を試みることが許されています(盗塁)。
φ(・・)



いつでも進塁を成功させるために、予め次の塁にできるだけ近づいておこうと、自分の塁から離れていてもかまわないんです。
φ(・・)




学童野球のランナーは、大人のルールと同じで、予めリードすることもできますし、いつでも進塁を試みることもできます。離塁制限はありません。
〆(・ω・ )



ソフトボールのランナーは、ピッチャーの手からボールが離れてから、リードすることができます。ただし、大人のソフトボールでもこのルールは変わりません。
〆( °-°)



リトルリーグのランナーは、ピッチャーが投げたボールがバットに当たるか、ホームベースを通過してから自分の塁から離れることが許されています。
〆(°°)



このように、リトルリーグとソフトボールでは、ランナーに対して離塁制限というルールがあるんです。
( ̄ー ̄ )ノ



リトルリーグは小学生までの野球です。中学、高校の野球になれば離塁制限はなくなります。上に行った時には、ルールの違いに戸惑いを感じることがあるかもしれませんね。
(≧▼≦;)



しかし、この離塁制限は、リトルリーグの野球にはなくてはならないルールなんだと思います。小学生のうちに野球の基本をしっかり学ぶために、まず何からはじめればいいのかを、アメリカの野球は教えくれているような気がします。
( ̄~ ̄;)



■ピッチャーにとって
野球のルールの中でも特にピッチャーのルールは複雑です。ランナーが出たら盗塁に備えて、投げ方も変えなければなりません。牽制球だって覚えなければなりません。すべてをマスターして試合に臨むには、小学生には時間がなさすぎます。



まずは、身体に負担がかからない、正しいピッチングフォームを身につけることが第一ですよね。
(^O^)



■キャッチャーにとって
あれだけの防具を装着して、しかも中腰の不安定な体制で構えていたら、まずボールを正しく捕球できるようになるだけでも大変なことです。しかも、ランナーが盗塁すれば素早く二塁まで正確に投げなければなりません。



まずはボールをしっかり捕球すること、後ろにボールをそらさないこっと、それが第一ですよね。
(^O^)



■ランナーにとって
勝手な思い込みかもしれません。誤解があれば指摘して下さい。子供の野球でとっても上手なチームなら別なんでしょうけど、大人と同じ離塁制限がないルールでは、盗塁が成功する確率は高いんじゃないかと思います。間違っていたらごめんなさい。でも、以前の野球ではそうでした。



どのチームのキャッチャーの子供も、城島選手のように上手かったら、ランナーだって盗塁は難しいんでしょうけど、そんなチームばかりではないですよね。
(^◇^;)




一塁にいたランナーが、たった二球で、もう三塁にいるなんてことも、珍しいことではないと思います。
\(°o°;)




ピッチャーとキャッチャーが上手になればいいのかもしれませんが、なかなかランナーに追いつくことはできません。ランナーにとってもスリリングであるはすの盗塁がそうではなくなっているのかもしれません。守っているほうは、盗塁を阻止するのに一苦労じゃないかと思います。
(^^;)




■子供にとって



野球をはじめたばかりの子供にとって、それは楽しいことなんでしょうか。




野球をはじめたばかりの子供にとって、それは夢があることなんでしょうか。




投げて、打って、走って、守って、それが小学生の子供たちが夢見る野球だと思います。




ピッチャーも練習します。




キャッチャーも練習します。




でも、すべてが上手くいかなくっちゃ、小学生の子供にとっては、盗塁をアウトにすることはとっても難しい技術なんです。




いろいろな子供がピッチャーを経験できる




いろいろな子供がキャッチャーを経験できる




リトルリーグではそう考えているように思います。




はじめての子供も、野球が上手な子供も、みんなが野球を楽しむことができるためには、どうすればいいのかを、離塁制限のルールは教えてくれているように思います。いろいろな子供たちが、野球をはじめてみて、試合に参加してみて、打つ楽しさ、投げる楽しさを、感じてくれたらいいなぁって願っています。
(^^;)





  子供と夢中なれる、ささやかな週末の幸せ・・・

子供といっしょに成長できる 小学生からの硬式野球 リトルリーグ (^^)/


テーマ:小学生からの硬式野球
ジャンル:スポーツ
感謝の気持ち、映画『僕たちのプレイボール』、そして自分たちももっと頑張らなくっちゃって気持ち
2010年03月13日 (土) | 編集 |
春、やってきましたよ・・・




リトルリーグ神奈川連盟 平成22年度の開幕式が春を通り越して、初夏を思わせる平塚球場で行なわれました。
(^^)





映画『僕たちのプレイボール』の「東陽リトル」の小原裕貴さんをはじめ、選手?のみなさんも、リトルの選手と一緒に入場行進を元気よく行なってくださいました。




ありがとうございました。




子供たちのいい、思い出の一つになったんじゃないでしょうか。





それに、もう一つ・・・





平塚球場のスタンドで、リトルリーグの選手たちが入場行進の準備をしてスパイクを履き替えたり、給水したり、朝のごったがえしている時でした。




旭リーグの選手の子供たちが、スタントにいる他リーグの監督さん、コーチさん、父兄の方々に



コンチワ~






と、とっても元気のいいあいさつをしてくださったこと、本当に驚きました。なんだかとっても不思議な気持ちになりました。
(^^)




子供たちの人数がとっても多かったのもあるかもしれませんが、大人一人一人に、きちんとあいさつをしてくださったんですよ。




帽子に手をかけて、はずかしそうに、それでも、精一杯に

コンチワ~


ってあいさつしてくれんるんです。


開幕式のご来賓の方々のごあいさつでも、



フェアプレー


チームワーク




など、子供たちへのたくさんのはげましの言葉を送ってくださいました。




ありがとうございました。
(^^)




けど、子供たちの朝のそんな元気なあいさつが、どんな言葉よりも今日は感動しちゃいました。




監督さん、コーチさんの子供たちへの指導なのかもしれません。




子供たちはよく理解していないのかもしれません。




それでも、いつか、そんなことが、その子供たちの大きな力になるのかもしれませんね。




野球は勝つことを目的とした野球です。




だから厳しいこともあるのかもしれません。




でも、その前に必ずやらなければならないことが、一番大切にしなければならないことがあるんですよね。




感謝の気持ち・・・




そのことを必死に伝えようとしている、指導されている方々がいらっしゃると思うと、自分たちももっともっと頑張らなくっちゃって・・・




天気のいい開幕




あたたかい一日




ひさしぶりの野球




本当にいい、一日でした。




ありがとうございました。
(^^)/



  子供と夢中なれる、ささやかな週末の幸せ・・・

子供といっしょに成長できる 小学生からの硬式野球 リトルリーグ (^^)/


テーマ:小学生からの硬式野球
ジャンル:スポーツ
日曜日、ひさしぶりの晴れた日曜日、楽しかったですか、うれしかったですか
2010年03月14日 (日) | 編集 |
ひさしぶりでしたね、晴れた日曜日。
(^^)



リトルも今日が大会の初戦でした。




結果は神奈川連盟の「平成22年度 大会日程」が更新されると思いますので、それをご覧ください。
(^^;)




晴れわたった日曜日の試合、選手たちはいろんなプレーを経験することができたようです。
(^^)




試合を見に行くことができなかったので、ちょっと心配していたんですが、メールや電話で話をたくさん聞かせていただきました。ありがとうございました。
(^^;)




いいプレーも、あまりよくなかったプレーもあったみたいです。でも、今日の応用問題も難しかったみたいですね。




野球の試合は、どんな試合でも二度と同じ試合をするとはできません。




練習とまったく同じ場面もありません。




同じチームと試合をしても、同じ結果になることはありえません。




野球の試合は、応用問題ばかりなんですよね。




その応用問題をどうやって子供たちが解決していくのか、その過程を見ることが一番の楽しみなんですよね。




練習ドリルじゃないから、応用問題は楽しいんですよね。自分で考えてみたり、ちょっと工夫してみたり、思いきって試してみたり、試合に参加するって、そういうことですよね。
(^^;)




だから、失敗もする




だから、成功もする




だから、結果じゃない




初夏を思わせるような日曜日、子供たちは楽しかったのかなぁ・・・
(^^)/



  子供と夢中なれる、ささやかな週末の幸せ・・・

子供といっしょに成長できる 小学生からの硬式野球 リトルリーグ (^^)/


テーマ:小学生からの硬式野球
ジャンル:スポーツ
リトルリーグのピッチャー、1日3試合18イニングに7人のピッチャー、子供には勇気を学ぶ機会が必要なんです
2010年03月16日 (火) | 編集 |
リトルリーグの試合は、メジャークラスもマイナークラスも6イニングと決まっています。プロ野球よりも短いイニングなんです。そのリトルリーグのマイナークラスでは、実に多くの子供たちが野球のピッチャーを経験することになります。
(〃▽〃)




リーグのマイナー選手、小学四年生、小学三年生のほぼ100%の子供たちが、秋からの春までの半年間の試合の中でピッチャーの経験をしてきました。
Φ(^o^)




理由は人数が少ないからだと思うんですが、子供にとっては恵まれているのかもしれませんね。
ヽ(^^)




先日の練習試合は、1日3試合、17イニングを消化しました。1日で3試合はリトルリーグのマイナークラスでは、決して珍しい事ではないんですよ。
(^^;)




マイナークラスの子供では、ピッチャーの投球数が1試合75球までと決まっています。それ以外にも、ピッチャーの投球数に関する決まりがたくさんあるんです。
φ(””)




投球数を超えたピッチャーは交代しなければなりません。2試合目、3試合目に登板することもできないんです。
φ(^ ^)




途中で交代したピッチャーは、その試合では2度とピッチャーをすることはできません。一度別の守備について、再びピッチャーになることはできないルールなんです。
φ(^ ^)




試合展開によっては、6イニングを65球前後で一人のピッチャーが投げきることもできます。でも、2イニングで70球を超えてしまうこともあるんです。小学生の野球では、
ピッチャーは投げてみないとわからん
と監督さんもよく嘆いていました。
( ̄□ ̄;)




その日、練習試合で登板したピッチャーは全部で7人でした。一人のピッチャーが1イニングから3イニング、投球数にして、10球から40球前で交代していました。
Φ(^_^)




エース級の選手だって、3イニングをピシャリと0点で終了した時点で交代です。




1イニングに3つも4つも四球を出してしまう選手だって、3イニングを投げていました。




最近の練習試合では、一人のピッチャーが最後まで投げきることはほとんどありません。試合に勝っていても、同点で緊迫した試合展開でも、ササッてピッチャーを交代してしまいます。
φ(~△~)





野球は一人の上手な選手がピッチャーをすれば勝てるという単純なスポーツではありません。
φ(~o~)





三振を取っと思ったら、四球とデットボールと、そして最後にレフトフライをエラーして得点されてしまったり・・・
(^^;)




セカンドゴロ、ショートゴロ、そしてカキーンと打たれた左中間の打球を、センターがナイスキャッチしたり・・・
(^^)/




たった3試合、18イニングの貴重な体験、ひとつとして同じ結果になんてなりません。毎回違う状況で、毎回違う結果になって、だから、子供たちはいろいろなことを野球の試合から学ぶことができるんですよね。
(^^;)




まだまだ小学生の野球です。監督さんも、70km/秒そこそこのボールを投げることができればみんなピッチャーができますよ、なんておっしゃっています。




ピッチャーを経験することで、勇気を学ぶことができる。





そんなことを言っていたような・・・
(^^)/




  子供と夢中なれる、ささやかな週末の幸せ・・・

子供といっしょに成長できる 小学生からの硬式野球 リトルリーグ (^^)/


テーマ:小学生からの硬式野球
ジャンル:スポーツ
野球のピッチャーを体験する、マイナーでピッチャーを経験するって野球をもっと好きになるってことですよね
2010年03月17日 (水) | 編集 |
リトルリーグのマイナークラス(春の新学期から小学校の五年生、四年生になる子供たち)では、一度はピッチャーを体験する機会って、多くの選手たちにやってくるんです。
〃▽〃)




希望通りにピッチャーができる子供。
(^o^)=b




希望していないのに、ピッチャーを任される子供。
(^_^)v




そして、希望が叶わずなかなかピッチャーができない子供。
(T-T)v




リトルリーグの投球数制限のルールには、ピッチャーが上手にできる子供にも、できない子供にも、
チャンスが巡ってくる
という、思わぬ結果をもたらします。
ヽ(≧▽≦)/




でも、み~んな、はじめてなんです。
Σ( ̄□ ̄)!




その下の学年のジュニアクラス(春の新学期から小学校の三年生、二年生、そして一年生になる子供たち)は、ピッチャーが投げるボールを打つのではなく、ティースタンドの上に置いたボールを打つ、ティーボールで楽しむことになっています。
(^▽^)ノ




だから、どんなに上手な子供でも、ピッチャーを体験できるのはマイナークラスになってからなんですよね。
Φ(^o^)




みんな、マイナーに上がって、硬式の少年野球で、生まれてはじめてピッチャーをするんです。リトルリーグのマイナークラスの選手たちは、そんな子供たちばかりなんです。
( ̄◇ ̄;)




子供たちが、勇気を学ぶためのリトルリーグです。
(^o^)v




ピッチャーを体験すると、勇気を学ぶことができます。
v(^o^)




だったら、ピッチャーをやったほうがいいに決まっていますよね。
(^_^;)?




マイナークラスになってはじめてのピッチャー、子供たちはワクワク、ドキドキしながら、マウンドでのピッチング練習をはじめることになるんです。
(^^)




そして、野球の試合でピッチャーとしてバッターにボールを投げると、実にいろいろな場面が訪れることになります。
(~~)・・・




お友達がエラーをしたり、デッドボールを投げてしまったり、たまには三振をとったり、と思ったらヒットを打たれたり、サヨナラの大暴投を投げてしまったり、ホームランを打たれたり、楽しいことも、辛いことも、神様はピッチャーに容赦してくれません。
(>_<。)




野球の試合の結果、それは、すべては子供たちのために、神様が用意してくれたもの・・・じゃないでしょうか。
(^o^;)




勝ったのは、神様から子供たちへの小さなプレゼント




負けたのは、神様から子供たちへの大きなプレゼント




どの子供も、野球の試合の中から、大切な勇気を学ぶことができるのかもしれません。でも、はじめてピッチャーとしてマウンドにあがった子供は、もっと大きな勇気を、忘れることができない大切なものを、心に刻むことができたのかもしれません。
(^^;)




マイナークラスでは、ピッチャーを経験する機会がたくさんあると思います。そんな時、子供がピッチャーをすることができた日には、ママもパパも、子供にたくさんのことを聞いてみたら、いろんなことを発見できると思うんです。子供はきっと何かを感じることができたと思うんです。
(^^)!




上手な子供も、そうでない子供も・・・




リトルリーグのマイナークラスでピッチャーをすることって、そういうことだと思うんです。きっとそうですよね。それを信じています。
(^^)/



  子供と夢中なれる、ささやかな週末の幸せ・・・

子供といっしょに成長できる 小学生からの硬式野球 リトルリーグ (^^)/


テーマ:小学生からの硬式野球
ジャンル:スポーツ
ピッチャーズプレートを用意する、大切なことだから子供たちはプレートを使って、はじめてのピッチャーの練習です
2010年03月18日 (木) | 編集 |
リトルリーグのマイナーで、はじめてピッチャーを経験する小学生の子供たち。その子供たちは、こんなことから指導されています。ピッチャーをまかされる子供にとって、覚えておかなければならない、大切なことの一つなんですよ。
(〃▽〃)




■プレートって何?

ピッチャーがボールを投げる場所には、白く塗られたゴム製の板が置かれています。この板をピッチャーズプレートあるいはプレートと呼んでいます。
Φ(^o^)



■大きさは?

リトルリーグでは、横45.7センチ、縦10.2センチの長方形の大きさになります。プレートの横幅を軸足がはみ出すことはできません。プロ野球や高校野球では、横61.0センチ、縦15.2センチの大きさです。また、プロ野球では、足がはみ出してもよくなったんですよね。



■なんで必要なの?

ピッチャーは、片足でプレートを踏んで、あるいはその側面(バッターよりの)に片足を触れたまま、ボールを投げなければなりません。



■どっちの足なの?

ピッチャーがボールを投げる時に、片足を上げて前に踏み出して投げます。それとは反対の足、体を支えている足を軸足といいます。その軸足をプレートに触れたまま、ボールを投げなければなりません。



■いつまでなの?

投げている自然な動作の中でプレートから足が離れるようにします。踏み出した足が地面に着地して、ボールを離すことで投球動作が完了します。その後、プレートから足を離して内野手となります。



■できない場合は?

ピッチャーが投げたボールがストライクでも、ワンボールとしてカウントされます。このように規則通りにピッチャーがボールを投げることができないことをボークと呼んでいます。





野球のルールでは、ピッチャーがボールを投げる時、片足をプレートに触れたままなげなければなりません。
(^^)!




ところが、最近、投球動作の途中で、軸足を上げて、プレートから足を離す子供が増えてきました。
(^^;)




投球動作の途中で、大きく軸足(右投げの投手なら右足です)を上げて、軸足を着地させて、その次に踏み出す足(左足)を上げるような動作をするピッチャーです。
(^^)





これは、ボークです。





軸足は投球動作が完了するまで、プレートから離すことはできません。




小学生で、はじめてピッチャーをする子供たちです。できないこともたくさんあります。でも、ピッチャーの基本的なルールは、ちゃんと教えてあげなければなりません。
(~~;)




そのためにも、ピッチャーの子供の指導のためにも、ピッチャーズプレートをちゃんと用意して、リトルリーグのマイナークラスだって、はじめてのピッチャーを練習するんですよ。
(^^)/



  子供と夢中なれる、ささやかな週末の幸せ・・・

子供といっしょに成長できる 小学生からの硬式野球 リトルリーグ (^^)/


テーマ:小学生からの硬式野球
ジャンル:スポーツ
キャッチャーからのサイン、ピッチャーはそのサインを見ることから投げるリズムを刻みはじめるんですね
2010年03月20日 (土) | 編集 |
リトルリーグのマイナークラスで、ピッチャーの練習をはじめる子供たちですが、最初からキャッチャーからのサインを見る『やり方』を教えてもらっているんですよ。
(〃▽〃)




高校野球やプロ野球では、ピッチャーが投げるボールの種類を、ピッチャーとキャッチャーが相談して決めています。
φ(^^)




ピッチャーが勝手にいろんなボールを投げているんわけではありません。ボールが急に曲がったり、予想と違って速いボールが来れば、キャッチャーだって捕ることはできません。
φ(--)




ここはインコースに投げてみよう。そろそろカーブを投げようか。キャッチャーからそんなことをピッチャーに伝達します。
φ(~o~)




それで行こう。いや、カーブはまだ早いから、もう少しストレートだ。ピッチャーからもそんなことをキャッチャーに伝達します。
φ(^o^)




たった12秒の短い時間の中で、ピッチャーとキャッチャーは『サイン』を使ってお互いの考えを伝達しているんですよ。
(^^)




リトルリーグのピッチャーが投げるボールの種類は、そんなにたくさんあるわけではありません。まして、経験の浅いピッチャーには、ストレートのサインしかないと思います。
(^^;)




そうだとしても、はじめてのピッチャーだとしても、試合でのサインの見方を教えてもらっています。
(^^)




マイナーの投球練習では、投げるボールの数はとっても少ないんですけど、ピッチャーは一球一球、キャッチャーからのサインを見てボールを投げています。
φ(^^)




ピッチャーは、ボールを受けとったらサインを見る。ピッチャーズプレートに両足の踵(かかと)を乗せて、胸の前に両手を合わせて、顔の表情を一切変えずに、息を口から1回吐いて、そしてキャッチャーからのサインを見るように指導されます。
(^^)




キャッチャーからのサインをよ~く見ることで、目線を何かに絞り込むことができます。そのことで集中力が一旦リセットされて、そして心を落ち着かせることができるといいます。子供だってサインを見て、次の投球のための新たなリズムを刻み始めます。サインを見ることから、ピッチャーは投げるリズムを覚えていくんですって。ただ投げているわけではないんですね。
(^^)




子供の野球では、小学生の野球では、
練習したことが試合でできるようになる
ことって、大きな自信につながりますし、とっても、大事なことだと思うんです。





サインをしっかり見ることは、どんな子供でも簡単にできることです。簡単なことだからこそ、誰だって試合でちゃんとできるようになります。一つできるようになれば、ピッチャーとして一つ自信になるでしょうね。






サインを見ることから、一歩づつ、階段を上がっていくんですよね。
(^^)/




  子供と夢中なれる、ささやかな週末の幸せ・・・

子供といっしょに成長できる 小学生からの硬式野球 リトルリーグ (^^)/


テーマ:小学生からの硬式野球
ジャンル:スポーツ
虹のお出迎え、今日は1回で75球を投げちゃいました、でもよくがんばりました、胸を張っていいんです
2010年03月21日 (日) | 編集 |
朝の台風のような大雨、大きな雷もなっていましたよね。
(^^;)



それでも、午後からの天気の回復を願って、みんな元気に早朝の集合場所に集まっているんです。野球好きの親子ばかりなんですね。
(^^)



出発してまもなく、高速道路には青空が覗き始め、車の中からキレイな虹も見ることもできたんです。こんな日は何かが起こるんじゃないか。監督さんがそんなことを口にしていました。
(~~;)



その予感的中



天気が回復した2試合目、どうにもならない事態が発生してしまいました。



ピッチャーの投げるボールがアウトをとることができません。



四球、ヒット、エラー

ヒット、エラー、四球

エラー、四球、ヒット




何が最初で、何がいけないのか、わけがわかならくなってしまいます。何をやってもアウトが取れないんです。子供が大量得点を取られてしまうお決まりのパターンですが、それでも今までに見たこともないような、そんな得点の取られ方だったんです。
(TT)




そして、くるべき時がついにきました。




75球の投球数オーバー、1回でピッチャー交代です。




でも、それでも、ピッチャーは周りの選手に声をかけ続けました。涙を見せずに、最後までボールを一生懸命投げていたように思います。途中で折れそうになる心と戦いながら、ストライクを投げることだけを考えていたと思います。でも、どうしたらいいのかわからない・・・
(^^;)





監督さんは何も言いませんでした。だまって、ピッチャーの交代を審判さんにつげていました。





でも最後まで、よくがんばりました。あきらめそうになる心といっしょうけんめいにたたかうことができました。きっと、きょうの虹のように、忘れることができない、一日になったはずです。その思い、その悔しさが、野球をもっといっしょうけんめいになる、野球をもっと好きになる、おおきな虹の架け橋になってくれる、そんな気がしています。




何度負けても、何度悔しい思いをしても、きっと神様は見ていてくれる、きっとそうですよ。今日は大きな宝物を手に入れたのかもしれません。
(^^)/



  子供と夢中なれる、ささやかな週末の幸せ・・・

子供といっしょに成長できる 小学生からの硬式野球 リトルリーグ (^^)/


テーマ:小学生からの硬式野球
ジャンル:スポーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。