すべては子供たちのために ・・・ そんなリトルリーグの精神にどこか惹かれてます。うちの小学生は横浜で硬式の少年野球チーム、横浜中央リトルリーグに。週末を楽しみにしている、リトルリーグ大好きなママとパパの日記です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  子供と夢中なれる、ささやかな週末の幸せ・・・

子供といっしょに成長できる 小学生からの硬式野球 リトルリーグ (^^)/


少年野球の道具を大事にする心、スパイクの底まで丁寧にローションで磨くのは、誰よりも野球を楽しみたいから
2014年08月01日 (金) | 編集 |
少年野球では、たぶんどこのチームでも道具を大事にすることを指導されていると思います。チームの持ち物はもちろんですが、個人の持ち物も大事にしなければなりません。大事にするとは日々の手入れを怠らないことです。野球のグローブとスパイクを磨くのは選手としてのマナーなんですよね。
(〃▽〃)




合宿で子供たちと寝泊まりする機会は、日頃の手入れの様子が手に取るようにわかってしまいます。
~('-'*)




ささっと手際よくグローブを磨き終わって、一人静かにお風呂へ向かっていく子。
(*^-^)ノ




新品のお手入れセットを手に、クリームを取っ替え引っ替え磨いている子。
(;-_-)=3




スポンジにローションをベッタリ染み込ませ、ただ撫でているだけの子。
o-_-)=○☆




その姿を見ると、感心したり、がっかりしたり、毎回複雑な心境になってしまいます。
('∇')




それでも、友達と一緒にグローブやスパイクの手入れをする機会は、やり方を教えてもらったり、教えてあげたり、グラウンド以外での野球コミニケーションとしていい経験になるんでしょうね。
(。・_・。)ノ




いままで手入れを疎かにしがちだった子が、そのコミニケーションをきっかけにお手入れに目覚めてくれれば、チームのみんなのグローブやスパイクは輝きを放つはずです。そうなれば、勝利の女神も微笑んでくれる。そんな気がしてなりません。
(*^-^)ノ




ところで、道具の手入れのことを考えると必ず思い出してしまう子がいます。
(*'-')




その子は、勉強もできて、野球にも一生懸命な選手です。平日は夜遅くまで塾に通い、素振りや柔軟などの自主トレも欠かさず、週末になるとグラウンドに必ず元気な姿を見せてくれます。
ε=┌( ・_・)┘




合宿の時にはじめて気がついたんですが、その子のスパイクの手入れは、これでもかっというくらい緻密なものでした。スパイクの表、中敷に止まらず、スパイクの歯に着いた泥を一粒残らず落としてから、プラスチック製の靴底までローションでピカピカに磨いているんです。
ε=ヾ(*~▽~)ノ




正直、驚きました。・・・。
('∇')




合宿の後、練習前に並べられたスパイクの列の中に、一段と輝きを増している一足のスパイクが何故か目にとまりました。靴底を確認して、あの子の物だと直ぐにわかりました。
ヾ(^▽^)




そらからは、並んでいるスパイクが気になるようになってしまい、今日はどうなんだろうと、ついつい確認してしまいます。ただ、どれだけ激しい練習があっても、次の練習ではやはりピカピカになって並んでいるんです。
(~▽~@)♪♪♪





ここまで、スパイクを磨いてくる選手に、出会ったことはありませんでした。道具を大事にする、その子にとっては、それが当たり前の日常なんでしょうね。
ヽ(≧▽≦)/




きっと・・・




誰よりも道具を大事にして、もちろん、友達も大切にして、その大事な道具と大切な友達と一緒に試合をしたい。大事にできるもの、大切にできるもの、それがわかっているから、野球の試合を誰よりも楽しくできるのかもしれませんね。
o(^o^)o




  子供と夢中なれる、ささやかな週末の幸せ・・・

子供といっしょに成長できる 小学生からの硬式野球 リトルリーグ (^^)/


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。