すべては子供たちのために ・・・ そんなリトルリーグの精神にどこか惹かれてます。うちの小学生は横浜で硬式の少年野球チーム、横浜中央リトルリーグに。週末を楽しみにしている、リトルリーグ大好きなママとパパの日記です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  子供と夢中なれる、ささやかな週末の幸せ・・・

子供といっしょに成長できる 小学生からの硬式野球 リトルリーグ (^^)/


試合の日の食事、自分の力をしっかり発揮するための効率の良い食事の摂り方で勝利に一歩近づきましょう
2010年06月11日 (金) | 編集 |
リトルリーグの練習帰り、子供が役員さんから渡されて持って帰ってくるものがあります。
(〃▽〃)



応援クリックをしてから続きを読む
にほんブログ村 野球ブログ リトルリーグ・リトルシニアへ
にほんブログ村





”チームを勝利に導くザバスの栄養情報”
栄養かわらばん
皆さんは「試合の日の食事」をどうしていますか? “これを食べれば必ず試合に勝てる”といった食品はありませんし、試合当日だけ食事を完璧にしても勝てるわけではありません。でも、自分の力を十分発揮するための効率の良い食事の取り方はあります。これをベースに自分にベストな方法を見つけ、勝利に一歩近づきましょう!
栄養講座 - 試合の日の食事|ザバスチームオーダーより
引用させていただきました
(^^;)



ママたちのために栄養講座なんかもあったり、『栄養かわらばん』というちらしを配っていただいたり、いつも明治製菓さんの

明治製菓:SAVAS


にはお世話になっています。
(^^)/




試合の日の食事という栄養かわらばんには、次の4つのヒントが書かれているんです。




(1)試合の前の食事
   主食と果物を多めに・・・



(2)試合当日の食事
   試合開始の3~4時間前までに・・・



(3)試合中の水分・栄養補給
   こまめに、少しづつ・・・



(4)試合後は『回復のための栄養』
   筋グリコーゲンが低下し・・・



書かれている『栄養フルコース型』のような理想通りにはできないんですが、でも理想的にはどんなものがいいのかは参考にさせていただいているんです。
(^^;)




ダンナは試合前でも『焼肉とビール』なんですが、娘は高校のソフトボール部でしっかり指導さているので、高炭水化物食でエネルギーを貯えているんです。試合前は和食を中心にとリクエストもあって、逆に勉強させてもらっているんです。
( ̄□ ̄;)!!




指導のベースになっているのは、栄養かわらばんです。
φ(^^)




食事をちゃんと考える




楽しく食事をしながら、栄養のことも考える。




特に野球のピッチャーにとって、試合前後の食事の摂りかたは本当に難しいんですよね。
(^^;)




たすかってます・・・
(^^)/

  子供と夢中なれる、ささやかな週末の幸せ・・・

子供といっしょに成長できる 小学生からの硬式野球 リトルリーグ (^^)/


スポンサーサイト
テーマ:小学生からの硬式野球
ジャンル:スポーツ
小さな体の野球少年、食べた後に体の左側を下にしてしばらくじっと寝ているだけで牛のような体格を手に入れる
2012年02月09日 (木) | 編集 |
小学生の野球では、どうしても体が大きな選手が有利になってしまいます。今の小さな体が1日も早く大きくなって欲しいと願っているママやパパ、たくさんいらっしゃるんでしょうね。
(*'-')



食事をしたらすぐに横になる。その時は体の左側を下にするとより効果的です。




そんな噂を皆さんは聞いたことがありませんか。
σ(^_^;)?




体の左側を下にすることで、胃袋の袋が下になります。それで、食べたものがすぐに小腸へ入ってしまわないようにするためなんですって。ホントのようで怪しげな話しですよね。
(〃▽〃)




でもお相撲さんは食べたらすぐにお昼寝をするって聞きますし、まんざら嘘でもないようにも思えます。
Σ( ̄□ ̄)!




食べた後すぐに寝ると牛になる。




日本人として行儀はよくないと思いますが、食べた後少し横にでもなってじっとしていたら、牛のような大きな体になれるなら、
それもありかな、
なんて誘惑に刈られてしまいます。
o(^o^)o

  子供と夢中なれる、ささやかな週末の幸せ・・・

子供といっしょに成長できる 小学生からの硬式野球 リトルリーグ (^^)/


テーマ:小学生からの硬式野球
ジャンル:スポーツ
少年野球の補食、午後の練習を一休みしておにぎりでも食べる、成長期の子供たちがもっと元気になるはずです
2012年03月09日 (金) | 編集 |
少年野球の練習の合間に、補食として軽く食べ物を口にしている子供たちは、全国にどれほどいらっしゃるんでしょうね。
(〃▽〃)



補食はスポーツの練習中またはその後に摂取




もちろん栄養士でも専門家でも何でもありませんので素人意見になってしまいますが、補食という言葉を最近耳にして、野球少年の食事のことをもう一度考えなきゃなんて思ったりしてるんです(遅ッ!)。
(*'-')




そもそも・・・




子供たちが運動する時には、普段の生活以上にエネルギーが必要になります。そのエネルギーの源は、ご飯やパンに多く含まれる炭水化物ですよね。
(-.-")凸




また、子供たちの筋肉や骨を大きく成長させるため必要になる栄養素は、お肉や卵に含まれるタンパク質、そして海藻や野菜などに含まれるカルシウムです。
p(^-^)q




ただ、ここで大きな問題があります。




運動する時のエネルギーが足りなくなれば、体の中では筋肉をエネルギーに変えて補おうとしてしまうそうなんです。これは、成長期の子供にとっては一大事です。
(>_<。)



補食が不安を解消する




いくら野球で効果的なトレーニングを行っていても、そのエネルギー源が不足してしまえば、大切な成長期にある子供の筋肉や骨は食べた分ほど大きくならないという結果になってしまうかもしれないんです。
Σ( ̄□ ̄)!




こんな話を聞くと、朝食をしっかり食べ、お昼のお弁当も残さず食べて、晩御飯だってモリモリ食べているのを見ていても、子供に運動するためのエネルギーが足りているのか不安になってしまいます。
(*´д`*)



補食で食事の回数を増やしてみる!




それなら、今よりももっと食べる量を増やせばいいかというと、そうは簡単にはいかないんですよね。子供が一度に食べる食事の量をすぐに倍にすることなんてできません。また、食べ過ぎも体にいいとも思えませんよね。
σ(^_^;)?




だったら、食事の量を増やすのではなく、食事の回数を1~2回増やすことで1日に摂取するエネルギーの総量を増やしてしまえばいいのかもしれません。それが補食、昔ながらのおやつというところなんでしょうね。
ヾ(^▽^)ノ



補食は高校生では常識か



給食を食べている小学生では無理かもしれませんが、中学生や高校生にもなると大きなお弁当以外におにぎりを2~3個学校に持って行って、授業の合間や部活動が終わった後に食べたりしているそうです。
(^-^)v




それに、学校の先生が補食を薦めているところもあるそうで、教室で堂々とおやつ、補食をいただいているみたいなんです。
ヾ(^_^) energy!!



補食は少年野球だから必要かも




きっと少年野球だって、補食を取り入れたほうがいいんでしょうね。たとえば、午後の3時から4時くらいになったら補食の時間として休憩をとる。食べるものはチョコレートやスナック菓子ではなく、梅干し入りおにぎりを1個、サンドイッチを1つ、あるいはバナナを1本、そんな感じの軽食にする。そんな時間があれば子供だって喜ぶと思うんです。
o(^o^)o




補食にどんなものが最適なのか、その答えを持っているわけではありません。でも常識的に考えれば、もちろん栄養があって、胃にあまり負担をかけず、できれば消化が良くて、そして安全な食品がいいんでしょうね。
(*'-')



補食は食事と睡眠、そして運動を補う




毎日の食事をバランス良くとること。




毎日の睡眠をしっかりとること。




毎日の適度な運動を続けること。




そして野球の練習中、練習後に、子供たちがおなかが空いたと泣き出す前に、さっと食べることができる簡単な補食をとる。それで子供たちが練習を元気に楽しく出来るようになって、そして今よりもっと大きく育ってくれることを願うばかりです。
(^-^)v




  子供と夢中なれる、ささやかな週末の幸せ・・・

子供といっしょに成長できる 小学生からの硬式野球 リトルリーグ (^^)/


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。